シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

JAP工房

2013年10月24日

伝説の「外道」というバンドを知ってますか?
知る人ぞ知るハードロックバンドです。
今年40周年を迎えるこのバンド。
まさに、日本の草分け。

そんな伝説の「外道」のグッズ&ジュエリーのお手伝いをJAP工房でしています。
間もなく、JAP NET SHOPで公表予定。

まずは、そんなバンドの最新PVを!


JAP工房cpiblog00579 at 19:39│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2013年09月19日

9月21日(土)深夜0:00〜5:00。
@新宿クリストン・カフェ。
なんとJAPブースに、特殊メイクコーナー出現!
仕掛人はあの特殊メイクのエキスパート、中田氏だ!
三つ目やケロイド、なんでもこい!
1238141_586015758103427_1713887423_n


JAP工房cpiblog00579 at 15:18│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2013年09月17日

台風一過。野分けの明けの日。
気持ちのよい天気の日です。この夏の暑さがようやく思い出しても苛立たずに済むようになりました。

その夏の終わり位から続々とJAP工房に個展やグループ展のお知らせが届いています。

まず、もう始まっていて明日最終日の
『鎚音』(Tsuchine) vol.5
tsuchine1

tsuchine2

JAP工房でも個展を開催して下さっている、伝統工芸金工士・泉公士郎氏が主催する金工技術研修会の会員の方達のグループ展です。
年に一度のこのグループ展は今年5回目。明日までの開催です。
重厚な作品から手の届くアクセサリーまで、幅広い作品群です。
@Gallery Concept 21

明日から始まるちょっと不思議(?)な意匠の作品展『JOMON VooDoo』石山篤・石山修兄弟展。世田谷美術館・区民ギャラリーで明日18日(水)〜22日(日)まで。
先の泉公士郎先生のさらに芸術的兄貴分・石山篤さんとそのご兄弟の展覧会です。
私も始めて拝見するのでとても楽しみ。
会期が短いのでご注意を!
jomon1

jomon2

@世田谷区美術館


21日から始まる『金属工芸作家による根付展』は、文京区根津のギャラリーで。
一般的には根付けは象牙や木彫りが多いのですが、
これは金属工芸作家によるものです。
JAP工房・GUILD-UNITでも作品(製品)を扱わせて頂いている「罠兎(わなうさぎ)」さんが参加。
通常の製品も技巧を凝らした作品ですが、より磨きを掛けた緻密な技が見所。
他の作家さんも個性的です。29日(日)まで。
netsuke1

netsuke2

@Gallery 花影抄

そして珍しい岩塩を使った塩の武器の彫刻『SALT ARMS』
作家のヒグラシユウイチ氏とは、
JAP工房がとても懇意にして頂いている現代彫刻家・柳川貴司氏の個展でのご縁。
世界中の武器を本当に「塩」に変えることが出来たら、幸せな世の中になることでしょう。
9月23日(月・秋分の日)〜28日(土)。
salt1

salt2

@SOL


JAP工房cpiblog00579 at 18:46│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2013年03月14日

パルコで開催されていたPullp展から『牙狼 』DOLL オリジナル1stサンプルが、JAP工房直営店・GUILD-UNITに帰って来ました。
渋谷に巣食うホラーたちに睨みを利かせた後は、吉祥寺だ!

ファクトリーサンプル(製品版1stサンプル)は、3月23日「魔界の宴」会場で初お披露目。

image2

image6



そして、自らのドールを手に愛おし気な表情の涼邑零こと藤田玲氏。
doll_0004


*『蒼哭ノ魔竜』舞台挨拶の後に小西遼生氏、藤田玲氏、そして雨宮監督にドールに関するコメントを頂くことが出来ました。監督には制作途中段階で何度も見て頂いていたのですが、当の小西、藤田両氏はこのドールに始めてのご対面。感激と共に大絶賛のお二人でした。写真は、その時の藤田玲さん。クールなイメージの奥に潜む優しい零の表情が垣間見られる瞬間でした。(YOU-KO)

JAP工房cpiblog00579 at 14:35│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年12月21日

JAP工房・GUILD-UNITのたった今の画像です。
あっ!
image

あっ!!
写真


JAP工房cpiblog00579 at 18:29│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年12月14日

久しぶりの食いしん坊日記。と言いつつ、本題に入れなかった前回に続き、いよいよグルメな本章。
クリスマスや忘年会等にいかがでしょう!

いい店、いい味、発見!!!
日曜日遅めのお昼、打ち合わせに来てくれたY氏とJAP工房・Nと3人でランチミーティング。
少し前から出来ていて気になっていた南ヨーロッパな感じのレストランにIN。
外のランチメニューに、1000円のコース料理3種と日曜日の特別メニュー1300円(コース)というのがあって、ちょっと贅沢しましょうかという感じで入ったとたんに目にしたワインボトルの列!
しかもボトルにダイレクトに値段が書いてあってそこがまたいい感じ。
軽くランチワインでもと思っていたものの、3人で2杯飲んだらボトルの方が「得じゃないっ!?」ってことになり、早速物色。スタッフのお兄さんがとても詳しくて説明を聞いて選んだのがこれ。
DSC00003

スペインの白ワイン。ポルトガルに近い地域のものだそうです。
全然軽くないのに、スイスイ飲める。
まあ、写真見てウンチクいうのも趣味に合わないので、
気になったらこの店に行って飲んでみて下さい。
他にもお勧めが沢山あるようですよ。
「千年葡萄家 吉祥寺店」。井の頭通りと吉祥寺通りの交差点の高架下、交番の隣。(後で調べたところ立川と中野にもあるみたい)
ランチメニューのお料理はコースなので、私のメインディッシュは「鯛のブイヤベース」、
他の二人は「牛ほほ肉のワイン煮」。
*注意、料理名はお店で聞いたものの、多分に私の創作が入っています。
まずはサラダ。「里芋のミモザサラダ仕立て」。
DSC00004

前菜。「バジルソースのスパゲッティ」。(麺はホウレン草入りだったかも?)
DSC00005

それぞれのメインディッシュ。
「鯛のブイヤベース」。
DSC00015

「牛ほほ肉のワイン煮」。
DSC00017

選べるデザート。左上から時計回りに「フランボワーゼのシャーベット」、「プリン」、「ティラミス」。
DSC00018

最後にエスプレッソを頂き大満足。
カリっとトーストしたフランスパンも食べ放題でした。

夜。
お昼にあんなに大満足したのに、さて夜はということになり、
またまた同じ3人で今度は顔なじみの小料理屋さん「やなぎ」へ。
こちらは井の頭公園の池を越えてすぐ、吉祥寺の喧噪を離れた住宅街に在ります。
井の頭公園に在る弁天様の表参道と井の頭公園通りがぶつかる所に建つ黒門からすぐ、
井の頭公園通り沿いのファミマの前です。
ご主人が包丁を握り、奥様がフロアを切り盛りされています。
4〜5人のテーブル席が2つ、カウンター席が5〜6席。
ちゃんとした和食がとてもリーズナブルに頂けます。
この日頼んだのは、
「赤貝といさきのお造り」。
DSC00084

「鮟肝」
DSC00099

「ずわいがに」
DSC00087

「ブリ大根」
DSC00096

他に「ごぼうの唐揚げ」、「ごはんセット」。
お酒は「八海山」。Y氏は冷酒で、私とNはぬる燗で。
image1

こんな仲良しのご夫婦です。何度撮っても目をつぶってしまうお二人。。。

ひとつひとつ心の籠ったお料理に、夜の空はゆったりと横たわるのでした。
水曜日がお休みだったと思います。

さて、忘れている訳ではありません。
JAP工房の飲み屋,BAR JAPを!
さすがに前述とは別の日です。
この日はいつになく早くに仕事を終え、
荻窪で食事をしました。
そして、戻って来て我らがバル・ジャップで1杯。
が、2杯、そして。。。
まあ、1杯のつもりなのにワインをついボトルで取っちゃいました。
さすがにハーフボトルですが。
そして、白ワインにはこれでしょう。
image

駅前のバル・ジャップ時代からの名物料理「ガンバ・アル・アヒーリョ」。
小エビのニンニクオリーブ炒め。
正しいスペイン料理です。
カスエロと呼ばれるスペイン特有の茶色の器は、駅前のバル・ジャップを作る時にわざわざバルセロナの友人を介して現地で注文して焼いてもらったもの。
引き取りには直接スペインに有志数名と行き、完全なオーバーチャージをごまかしつつ運んできました。なにせすごい枚数を頼んだので。
ワインももちろんスペインのもの。
バルセロナのトーレスという酒蔵の「サングレ・デ・トロ」というワイン。
サングレはスペイン語で「血」、トロは「雄牛」です。
つまり「雄牛の血」という意味なので本来赤ワインにこそ似合うこの名前。
以前から疑問に思っていたのですが、カスエロを引き取りに行った時に謎は解消。
スペインでは同じ銘柄の白ワインが「ソル・デ・ビーニャ」という別の名前で売られていました。ソルは「太陽」、ビーニャは「ワイン」。「太陽のワイン」というそれは美しい名前です。日本でも、その方が良いのにと思いました。
実際、赤と白では、同じ銘柄というには味わいが違うそれぞれに美味しいワインなのです。
また、写真では判りづらいのですが、ボトルに付いている牛のフィギュアも日本にのみ向けられたおまけです。
これはこれで、いろんなポーズが有ってついつい集めてしまうのでした。
という訳で、BAR JAPのお勧め。
「サングレ・デ・トロ」ハーフボトル(赤・白) 1500円
「ガンバ・アル・アヒーリョ」 700円
二人で十分楽しめます。



JAP工房cpiblog00579 at 14:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年12月12日

久しぶりの食いしん坊日記。

JAP工房制作班は、2012年、初っぱな来年公開の映画『蒼哭ノ魔竜』の衣装に始まり、
追いかける様に6月ON AIRのCM『カゴメの野菜一日これ一本』のAKB48扮するベジレンジャーの衣装を担当。
30種類の巨大野菜の作り物と30人分の衣装でアトリエ内は満タン。
こちら『蒼哭ノ魔竜』の宣伝映像→http://garo-project.jp/SOUKOKU/ 
そしてベジレンジャー→http://koreichi.jp/ (うっかりずっと観てると結構時間がかかります!)
どちらもJAP工房のお仕事としてかなりハイレベル。
夏には、吉祥寺GUILD-UNIT、大阪METAL BOXでの『GARO』衣装展。
ギャノンの衣装は巨大すぎて飾れず残念。(なんと言っても今世紀最大ですから)。
TAF(東京国際アニメフェア)が唯一直接公開されたこの衣装。
gyanon

見損ねた方の為に撮影時のスナップです。(衣装制作年:2011年2月、その年の10月より放映)
全高3mオーバー。扮しているのはピーターさん。
劇中 (連続TVドラマ・‪牙狼<GARO>〜MAKAISENKI〜‬) では宇宙へも手が届く変幻自在の最強巨大ホラーの人間態として登場していました。
そして8月、岩手県遠野市で「遠野かっぱまつり」を企画&開催。
遠野出身東京在住の伝統工芸金工家・泉公士郎氏のご縁で、
遠野市中央通のギャラリーカフェ「やおちゅう」さんで
様々な作家による河童をテーマとした作品の展示と販売を行いました。
参加作家は泉氏を始め、JAP工房縁の作家たちと遠野在住の作家さん。
1回目とあって、遠野の作家さんは陶芸家の「のらや。」野村氏だけでしたが、
全国に散らばる作家さん総勢18名の個性豊かな河童たちに地元の方や遠く旅行でいらっしゃった方々、
話を聞きつけてツーリング(東北復興支援の)途中で寄って下さったバイカーさんたちの目を楽しませました。
遠野かっぱまつり チラシ
すでに地元の方から、来年もという声が上がっており、やる方向で企画中。
この「遠野かっぱまつり」を手始めに「芸農森林組合地球支部」(芸森=ゲイシン)という名前の集団をJAP工房の別動隊として発足させました。JAP工房の得意とする3つの「芸」(芸術、工芸、芸能)で人の感動を呼びそして集めて、「農業≒食のこと」、「森林≒地球のこと」を考える場を作る。そんなことをしたいのが「芸森」です。まだまだこれからですが、ゆっくりとでも着実に出来ればと思います。 
その第2弾として9月には長野県小諸市で『大黒祭』(だいこくまつり)を主催。
大黒祭は芸森の活動主旨を実際に実行し広める場です。
小諸の自然の中での野外イベント。
2日間の中で、生憎2日目は雨となり少し盛り上がらずに終わってしまいましたが、手応えは十分。
2013年は場所を少し移して信州国際音楽村(長野県上田市)での開催を企画中。
日程は仮ですが2013年9月28日(土)・29日(日)の二日間を予定。
今年の『大黒祭』ポスター
「遠野かっぱまつり」と「大黒祭」の記事はこちらを。「芸農森林組合地球支部」ブログ 

そうして、10月11月12月と怒濤の衣装制作月間。
もう少し仕事がバラけて来れば良いのにと思いつつ、
創ること、作ること、造ることが大好きなJAP工房はやりましたよ!
でも、ほとんどの部分が今はご紹介できません。
来年の夏頃にはお話しできるかも?

そんな中、こちらもJAP工房でしたよ。
これこれ。ボクシングWBC世界フライ級王者・五十嵐俊幸選手の初防衛戦でのガウン
11月3日、CSでの防衛戦放映をアトリエのTVで、
ミシンやヘラやその他道具の手を止め、手に汗握る試合を観ました。
初防衛、おめでとうございます!
それから和太鼓奏者・レナード衛藤氏による、レナード衛藤TAIKOアンサンブル中央アジア公演 、また日本での鼓童メンバーとの公演の衣装。こちらは現在残念ながら写真がありません。
でも、こんな字を書いて衣装に入れました。
彩

「彩」と書いて「いろどり」と読みます。
レナード氏の曲の中でも本人のお気に入りの1曲のタイトルです。

さて、そんな時はバタバタと過ぎ、いつの間にか夏の空は高く秋へと移り、
緑は黄色や赤に、上着は一枚ずつ重ねられ、、、「寒い!」。
で、外に出てない!飲みに行ってない!!フラストレーションたまる!!!
という訳で、この数日、ここぞとばかりに飲んだり、食べたり。その中のいくつかをご紹介します。(まあ、家ではその日の仕事が終わった深夜3時とかに「鍋」などやってはいましたが。)

なんだかちょっとだけ振り返ったら、結構長くなったので、本題は次回へ。。。

JAP工房cpiblog00579 at 19:49│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年09月04日

2012new03_01

先日、メルマガで配信した
「JAP工房2012 新作紹介 Vol.3」にあわせて
オンラインショップの特集コーナーも更新しました。
おまちかね、KANちゃんがご案内します!

00

JAP工房2012 新作紹介 Vol.3

JAP工房cpiblog00579 at 15:22│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年07月01日

monoマガジンのムックとして出版されている 『職人モノ』という雑誌に、
JAP工房(川上登x YOU-KO)が登場しました。
ちょっと変わった切り口の編集ページです。
写真はないのですが、代わりにイラストで表現されています。
書店やコンビニで見かけたら、買って!
mono表1

こんな表紙です。
他の記事も面白いよ。

mono

今回の同特集2つの内の1つ目。登場しているのは、JAP工房の仲間の特殊造形家・杉本末男氏。実は、今回の特集にJAP工房が登場するのは、杉本氏の推薦。
怪獣の作り方がいい感じで解説されています。

mono2-1

そして、特集2つ目が我々JAP工房。

up

イラストは似ているような、似ていないような。。。

でも、自分でも説明するのに複雑なJAP工房の構造が、うまく図解されています。(拍手!!!)

JAP工房cpiblog00579 at 17:05│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年06月15日

先日もお伝えした
大阪のMETALBOXさん主催の
『牙狼<GARO>』イベントが1週間後に迫り、
イベントの詳細が決まったようです。

【イベント概要】
METAL BOXが、5周年を迎えるにあたりまして、スペシャルイベントを開催いたします。
GARO出演俳優を招いての「GARO祭!!」
あのJAP工房の販売会も同時開催! 

【開催日時】
2012年6月23日(土)
 1回目 13:00〜14:00
 2回目 16:00〜17:00
2012年6月24日(日)
 1回目 13:00〜14:00
 2回目 16:00〜17:00
※店内入場(開店)は11:00となります。    

【スペシャルゲスト】
松田賢二(雷鳴騎士破狼/四十万ワタル役) 
 出演日:6/23 1回目・2回目
     6/24 1回目のみ
藤田玲(銀牙騎士絶狼/涼邑零役)
 出演日:6/23 1回目・2回目
     6/24 2回目のみ
山本匠馬(白夜騎士打無/山刀翼役)    
 出演日:6/24 1回目・2回目

【開催場所】
ホビーショップMETALBOX 2Fイベントスペース
(〒541-0058大阪市中央区南久宝寺町1-7-12)

【イベント内容】
●GAROグッズ販売会
●GARO特別展示(魔戒騎士鎧、衣装、劇中での使用物等)  (協力:JAP工房)
●スペシャルゲストによる、サイン&握手会
 イベント当日、ホビーショップMETALBOX店頭商品どれでもお買い上げ額7,000円毎に
 イベント参加券1枚進呈(1万4千円お買い上げなら2枚)
 参加券1枚につき、出演ゲストのサインとの記念撮影(チェキでの撮影)1回
 各開催時間ごとに、先着50名まで

詳しくはMETALBOXさんのサイトで!

bnr_metalbox_garo


JAP工房cpiblog00579 at 16:46│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック