シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

BARJAP

2019年06月28日

JAP工房BAR JAP 久々にオープンします!
なんだか春からこっち大忙しだったJAP工房、
少し落ち着きを取り戻してきました。

という訳で、
6月30日
7月7日
7月21日

BAR JAP 『OPENします』!!!!
BAR担当はKAZMA!

よろしくお願いします!

尚、明日29日のBAR JAPは
貸切営業です。


JAP工房cpiblog00579 at 20:43│コメント(0)mixiチェック

2008年10月03日

こんばんは^^

ゲルゲで御座います☆

読書や食欲、芸術や音楽
そーいったコトバがよくつく“秋”ですが、

今回はあえて『ロックの秋』とでも題しておきませう♪

吉祥寺にあります、ロックバー“BAR JAP”にて、
明日、10月4日(土曜日)に『Open Air Market』のライブがあります!!

メンバーは、
ボーカルに当ブログでもおなじみ“KAN”ちゃん!
ギターには“Storm Rider”のスーパーギタリスト“GENTARO”さん
ベーシストに、ジブリ大好き“Junno”
ドラムは我等が『Pink Revolver』“TAKE”!!!

それと、OAには“スー&大ちゃん”も出演!!!
オイラもちょこっとネー

スタートは9時から!
(ミュージックチャージ¥1,000)

ヨロシクです!!!!!

BAR JAP
Photo by RYU-SEKI

JAP工房cpiblog00579 at 19:58│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2007年12月28日

今年も残り僅かとなってまいりましたねー。
2007年を振り返ってみて、皆様いかかだったでしょうか!?

偽清水寺での恒例行事、今年をあらわす一文字が『偽』に決定しましたが、
なんともねぇ・・・。

耐震強度『偽』装に、『偽』の年金記録、
はたまた食品表示や賞味期限も『偽』の表記・・・。
有名な老舗おみやげ品までもがどんどん発覚しましたね。

あー、あとは中国の『偽』遊園地ww

みなさんは、個人的にはどんな一文字が当てはまりますか?

アタクシ的にはまー、良くも悪くも『酒』なんですが・・・^^;
もうちょっと深く考えてみると、『土』のような気がします。

『土』に這い蹲るという意味と、あとは『土台』って意味合いですかねぇ。
いろんな意味で限界を超えそうになった年でしたし、そこで持ちこたえて、這い蹲って培った事が土台になり、これからの人生に大きく役に立ってくれることを願っての一文字です。

てなワケで、今年の集大成!!
明日、ベーシスト“ゲルゲ”としての“Pink Revolver”演り納めデス☆

ピンク・リボルバー場所:吉祥寺BAR JAP
時間:Open 18:00 / Start 20:30(予定)〜Close

※ミュージック・チャージは御座いませんが、通常チャージ¥500です。

『年忘れ!ACOUSTIC & DJ NIGHT』
いつもとは雰囲気をがらっと変えてのアコースティック・ライブ!
その後に朝まで、DJナイトで乱痴気騒ぎだワッショイ!!

詳細はこちら→ピンク・リボルバーHP

お問い合わせ:BAR JAP (TEL:0422-48-6461)



JAP工房cpiblog00579 at 00:01│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2007年12月19日

「写真」が伝えられることは、一体何なのだろう?

情報
説明
色彩
↑↑どれも、端的には合っているが、
少しずつ、表現が足りないように感じられる。

僕はいつも感じている。
それは…「写真は、その時の空気を伝える」のだと。

DJ-H







=================
JAP工房飲食店舗「BAR JAP」
ここでは、「音+食+呑」を楽しむことが出来ます。

時には"DJ NIGHT"も開催され、
音楽を愛する人々の集う場所。

ぜひ一度、お立ち寄り下さい!


JAP工房cpiblog00579 at 17:56│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2007年12月07日

いつも行く『BAR JAP』で呑んだくれておりましたら、ちょいと話題にあがったんですが!

“ロボット・ギター”

どーやら、あの天下の“ギブソン社”が作っちゃったらしいww
チューニングを制御するためのソフトウエアとモーターが内蔵してあって、各弦の音の高低を認識し、モーターを作動させて各弦の張りを緩めたり、強めたりして音程を調整するんだって。

「ゲルちゃんコレ欲しいと思うー?」
なんて聞かれましたが・・・。

答えは「ぬ〜ん・・・、いらなぁ〜い(笑」
ちょっと触って見たい気持ちはありますがねぇ。

店長の大ちゃんいわく、有名な某ギタリストが使ってるって話。
でも、ノーマルチューニングを開放で鳴らし、そこからオープンになっていく音の纏まり様は、想像するとちょいと楽しいかもネー☆

どっかのニュースサイトで見たんやけど、アメリカでの販売価格は日本¥にして28万円らしいよ!






詳しくはコチラ

Gibson Guitar Official Website
Gibson Guitar Official Website -Robot Guitar-




JAP工房cpiblog00579 at 01:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック