シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

黒猫

2020年04月08日

皆様、とてもとても嫌な世の中となってしまいました。
皆様やご家族はお元気ですか?

政府は、『マスク配る』だの、
『助成金出す』だの、
『ゼロ金利で融資する』だの言っている様ですが、
どれ一つ確定せず、何も解決しないまま、ただただ『自粛しろ』だと!!!
『ふざけるな!!!』
もう良いや、とにかくやれることを腐らない様にやってみよう。

そして、つい先月までは6月なら大丈夫だろうと思っていたJAP NIGHT vol.33ですが、
今回は延期します。
ライブハウス側としては今のところ営業をしているのですが、
今日・明日にでも状況が変わる可能性が有り、また何と言っても、
お客様そして出演者の皆さんにも、参加して頂ける状況では無いと思われます。
とても残念な決断ですが、必ず、再開しますのでそれまでお待ち下さい。

未だ延期の日程は確定していませんが、近日中にお知らせ出来る様に致します。

★JAP工房直営店GUILD-UNIT*自粛営業時間
*入場を制限しています。
金曜日14:00~20:00
土曜日、日曜日11:00~20:00
(場合に依り早めに閉店する場合が有ります。当日、ご確認下さい。)
☎0422-46-1436

*なかなか手に入らないマスク、手作りしてみました!
写真見たらちょっと歪んでる。改良版を作ろうっと。黒猫付きです。

IMG_8626



JAP工房cpiblog00579 at 19:42│コメント(0)mixiチェック

2018年11月23日

年に2回恒例となっているJAP工房ライブイベント、JAP NIGHT vol.30。
次回は平成最後の1月です!
平成を思いながら、ブッ壊し、新しい年を迎えるライブ・パーティ!!!!
一緒に楽しもうゼッ!!!!

『JAP NIGHT vol.30 平成最後の正月を思いっきり楽しみ新しい年を迎えよう!』

Let's enjoy most fully, the last new year of the Heisei!  And we'll meet the next new period!

平成31年1月13日(日)2019.1.13(sun)
@Kitijoji PLANET K

出演◎『時の黒猫』, Jumping JAP Stars, 坂井里会, 水澤哲郎 他

*詳細未定 随時情報追加します!

JAP工房cpiblog00579 at 16:13│コメント(0)mixiチェック

2010年05月30日

いよいよ今週末からですよ。
JAP工房30年目企画のロックの日。

69SALE、ROCK!LIVE!ALIVE!(ライブ)、WOOD ROCK BLOCK(展覧会)と続きます。
聖飢魔II歴代戦闘服御開帳D.C.12も開催中。
会期中もマイナーチェンジしているので、ご注意を。

おはがき届いてますか?

もし届いてない方はこちら
6月ってなんとなく曖昧な季節ですが、JAP工房は大忙しです。
みなさんも着いてきてね。

『時の黒猫』はこのライブでしばらく活動休止となります。
見納めかも。。。

JAP工房cpiblog00579 at 13:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年05月17日

今年のROCKの日まであと19日。
本当は6月9日にかけてロックの日を始めましたが、
今年は6月5日から6月9日までのなんと5日間。

初日は、恒例ROCK LIVE-[ROCK! LIVE! ALIVE!4]
今回も錚々たるメンバーによるロックバトル。詳しくはこちら。

その上,シークレットロックの日セールは6月6日〜6月9日ですが、
プレ・セールが6月5日16:00〜19:00までの3時間のみ、
なんと前代未聞の40%OFF!!!!

欲しかったものを手に入れて、ホクホク顔でライブに行こう!


JAP工房cpiblog00579 at 13:51│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年11月09日

11月9日 日曜日 くもり

リニューアルオープンから1週間と2日。

すっかり冷え込んできた今日この頃。秋というよりは、すでに冬の予感。
それでも、井の頭公園に向かう人々の足取りは軽やかです。
ねこねこ



おなじみ黒猫楽団。






ねこ1
ねこちゃん。
ねこ2
ネコちゃん。ねこ3
猫ちゃん。ねこ4
そしてねこちゃん。
ねこ5またまた猫ちゃん。
JAP工房ギルド・ユニットに、黒猫軍団襲来。
両面本革性の本格派。
大きいほうのねこさんには、裏にファスナーがついていて、JAPコインとかを収納可能。ステッチの色は4色。
小さいほうのねこさんはピカピカの箔押しで3色。
昨日からの登場です。

ところで、突然ですが梅酒というのはよく聞きますが、柿酒というのもあるのですね。渋柿をまだ熟し切らないうちに8つ割ぐらいに切って、梅酒同様ホワイトリカーに付け込むと出来上がります。
自宅の庭に今年少しだけ実を付けた柿の木があるので、このくらいの数なら柿酒にしてもいいかななどと密かに思いを巡らしていたのですが、急に寒くなったせいかいつの間にか真っ赤に熟していました。残念。また来年の成果に期待しましょう。


JAP工房cpiblog00579 at 15:31│コメント(2)トラックバック(0)mixiチェック

2008年02月17日

なんだか黒猫に縁がある日。

陰陽座その1、K.M.君が、縁があって購入したシングルCD『黒衣の天女』 。
なんちゃらという(すみません、とても疎いので)TVドラマのエンディングテーマらしいのですが、演奏しているのは隠陽座というバンド、そして歌っている方は黒猫さんというお名前でした。
勝手に、お友達だと思いました。(注意☆私、時の黒猫というバンドのVo.です。)

猫の手その2、M娘から頂いた巨大黒猫の手
猫の手も借りたいほど忙しいとか言うけれど、役に立つのかしらん??
この巨大黒猫の手は、両手有るのだけれど、装着すると何も出来ません。
でも、滅茶あったか。
あと、チョキとかFUCKとかはなんとか出来る。


その3、以前に買って読んでいなかった、エドガー・アラン・ポーの文庫本『黒猫・黄金虫』。短編集です。本日、『黒猫』を読破。
ポーというと、江戸川乱歩の名前の元ネタなのでミステリーかと思いきや、とても奇妙な狂気の物語。実際に酒とドラッグに溺れ、生前の評価はあまりよろしくなかったであろうポー。彼の現実とも幻覚ともとれない世界を、告白する形で物語は進み、ついに主人公は黒猫の手により絞首台へ。
1800年代前半のアメリカに生まれたポー、フランスのボードレール、少し遅れて日本の大正文学。目まぐるしくかわる世の中に、警鐘を投げかけていたのでしょうか。それを、単純に美しいというのはおこがましいですが。

いづれにしてもミステリアスな黒猫。

黒乃猫十字社、ニューグッズももうすぐJAP工房から発売されます。

You Tubeで見つけた黒猫のたっちゃん。
彼は、Yu Tubeでは人気者らしいですよ。

たっちゃん 水を飲む 面白 ネコ 猫 ねこ

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2007年12月23日

本日、天皇誕生日という名の祝日。

最近巷で、『黒の猫十字社』グッズをよく見かけると思いませんか?
もちろん、(C)黒の猫十字社/JAP工房ではありませんが。
たとえば、このハンカチ。
黒猫ハンカチMARUIのハンカチ売り場で感じた、黒猫の視線。
まずは、もうひとつ別の柄で、ピアノの鍵盤に目がいったのだけど、その鍵盤の上から黒猫くんが覗いているではないですか。
で、この写真の水玉のものと一緒に即お買い上げ。
他にも、後ろ姿のものとかも有りました。
ちなみに[Atsuko Matano]というネームが付けられています。


良いことです。こうやって、『黒の猫十字社』は世界を着々と侵攻しているのです。「ふハハハハハハハ、ニャニャニャニャニャニャニャ。。。。」


そういえば、あのサンリオのキティちゃんまで、黒猫に犯されているのだ!
悪魔のキティ
「フハハハハハハハ。。。。」



この仏教国日本に、とっくに定着しているクリスマスに続き、ここ数年でハロウィンのという行事も浸透してきています。そんな中、黒猫やら、魔女やら、ずいぶん楽しげに台頭し、JAP工房のテリトリーに踏み込んできていていますが、それもまた良し!
すべて、『黒の猫十字社』の計画の一部なのだから。。。。

世界で、『黒の猫十字社』の活躍に気付いたら、報告を求む。





と言う訳で、そんな『黒の猫十字社』の活動とは全く関係無く、イーターランチLIVEは今週の金曜日だ!
みんなこぞっていくのだ!
忘年会だの帰省だのとフニャフニャいっている奴は許さん!
とにかく、12月28日、夜、吉祥寺曼荼羅に集まれば良し。
いま、ノリノリのこのバンドに、今回はゲストで”わたくし=紅の豚の威を借る黒猫のYOU-KOさん”も出演。
見逃したら損するヨ!
チケット絶賛発売中!
問合せ:contact@jap-inc.com tel;0422-46-1436 (JAP/GUILD-UNIT)


今週の歌。
フランスのシャンソン歌手・バルバラが唱う「黒い鷲」。
バルバラは1997年既に死去しています。
シャンソンに特別造詣が深い訳でもない私が、バルバラのCDを買ったのは,完全にその名前とジャケットの写真の顔による「ジャケ買い」。
彫りの深い面立ち、眼と眉の距離が目頭のところで限り無く狭まった顔は、ほぼ、私の理想の顔。
名前に関しては、お尻コウモリ族のバーバラ女王と、このバルバラと、どちらと先に出会ったかは、忘れたけど、とにかく私の琴線に振れたことは確か。
さらに、JAPの紋章にもなっている「黒い鷲」という名の曲。
バルバラ作詞・作曲のこの曲は、スタンダードにピアノとアコーディオンでも唱われていますが、ここではプログレッシブロックをバックに取り入れたバージョンを。当時のシャンソンでは有りえない、ドラムやエレクトリックサウンドが鳴り響きます。まあ、ロックの爆音にならされた耳にはカワイイものかもしれませんが。
フランス語はあまりなじみがない方も多いと思われるので、簡単な訳詩を一部。

「ある晴れた日 あるいは夜だったか
 湖のほとりでわたしはまどろんでいた
 すると突然 空を引き裂いて
 どこからともなく
 現れた黒い鷲」

Barbara / l'Aigle Noir



JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック