シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

髑髏

2017年03月31日

週末というのに,東京は雨。
明日,明後日にお花見を予定されている方も多いのでは。
大丈夫、きっと良いお天気になります!

久々のお花見ver.『髑髏ストーン本舗』Tシャツ。
まずは、骸骨達と一緒に乾杯しましょう!

「花見て一杯,又一杯,いつの間にやら夜桜に」

明日(4月1日)発売です!
4人-02


JAP工房cpiblog00579 at 20:46│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2015年07月20日

髑髏ストーン本舗久しぶりの新作です。
今回は、骸骨ではなく、
なぜか
『雨龍』と『百足』。

uryu_L01

◇『雨龍』
『雨龍』は「あめりゅう」と呼んだり、
「あまりゅう」、「あまりょう」などとも呼ぶようですが、
ここでは「うりゅう」と呼ぶことにしました。
なぜ、『雨龍』なのか。
それは、荒々しくも猛々しくもない『龍』が雨も水も風もたおやかに受け流し、
雲間も水の流れも関係なく悠々と泳ぐ姿が目に浮かんだからです。
以前にも髑髏ストーン本舗では、なんどか雨龍をテーマに絵を描いていますが、
今回の『雨龍』はペアです。
多くは一般的な『龍』で表現される『登龍・降龍』を『雨龍』で描いてみました。

付録
鯉が滝を上り昇龍となり登竜門に到達する。それが『登龍』。
登龍は天空から降りて来て世界を見守る。それが『降龍』。
あれッ?だったら『登龍』も『降龍』も元は『鯉』?
『雨龍』とともに、想像は駆け巡ります。


mukade_L01
◇『百足』
『百足』はそのまま「むかで」。『百足』は毘沙門天の使いで、
良く戦いと商売繁盛祈願のお札等に毘沙門天と共に描かれています。
今回の『百足図』の左下に描かれている、文字だかなんだか分からないものは、
実は「毘沙門」と書かれていて、「びしゃもん」表しています。
よく見ると、「毘」と「沙」の文字が「門」の中に納まっているのが解ります。
『百足』は世界的に見ると約2700種、
日本だけでも130種ほどが確認されている程沢山の種類が有り、
生体の研究段階で現在の進化ツリーに異を唱える学者さんもいるくらい、
謎に満ちたいきものです。
その名前となっている足(脚)は体一節に対して両側に有るので、
20節だったら40本、30節だったら60本となるのですが、
ここでは、日本でかなり有名(?)な「アカムカデ」をモデルに描いています。
因に節の数は21、足の本数は21対で    42本です。
「ムカデ」は前進するのみで決して引き下がらない。
だから、戦場で決して引かないという意味で、
武士の間では武勇の象徴とされました。
武田信玄の部下、ムカデ衆の旗指物の「百足」は有名です。


付録
では本当に100本の足をもつ「ムカデ」はいるのか?
100本の個体はまだ確認されていないようですが、
100本を大きく超えて354本足の「ジムカデ」はいるらしいです。
立派な「ムカデ」です。
「ムカデ」を『百足』と書くのは、とにかく足の数が多いからでしょう。
百足の英語表記をを調べてみたら「Centipede」。
これ、語源はラテン語で「100本の足」という意味らしいですよ。
ほんとかな?

mukade_M02

◎レディースタイプボディ、採用しました!
これまで、キッズサイズをSS, アダルトの小さいサイズをS としていましたが、
以外と身幅が有り、丈も長い。
また、どうしてもサイズが小さくなると衿周りも小さくなって、
窮屈な印象でした。
そこで、今回から、
アダルト S, M, L, LL の4サイズに加え、
レディース S, Mの2サイズを加えた6サイズ展開としました。
それぞれの画像のフロント写真を見て頂くと、
衿周りの感じや、柄の配置がサイズにより違うことがお解り頂けると思います。

◎最後にフロントデザインのこと
いつも、フロントデザインにはあまり触れていませんが、
今回はこれこそ髑髏ストーン本舗の原点とも言える
『野晒し』(のざらし)です。
草葉に横たわって飄々とする髑髏を描きました。
横目に語りかけているのは、
「カマキリ」です。
月が出ているので宵闇に違い有りません。
ネットショップではフロントデザインのみを見ることが難しいので、
ここにアップしておきます。

mukade_M04

JAP工房デザイナー●YOU-KO

直営店GUILD-UNIT、またはオンラインショップで取り扱っています。


JAP工房cpiblog00579 at 13:44│コメント(3)トラックバック(0)mixiチェック

2011年08月26日

髑髏ストーン本舗より、新作Tシャツ二点の通販取扱いを開始致しました。

 
品  名: 流水に金魚 Tシャツ
型  番: DSH-006
価  格: ¥6,800(税込)
商品ページ http://www.jap-inc.com/shop/dokurostone/kingyo/index.shtml


 
品  名: 蘭虫 Tシャツ
型  番: DSH-007
価  格: ¥6,800(税込)
商品ページ http://www.jap-inc.com/shop/dokurostone/rantyu/index.shtml

※Tシャツに関しまして、サイズ在庫が無い場合、お届けにお時間を頂く場合が御座います。

◆お問い合わせ
JAP工房直営店・GUILD-UNIT
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5 3F
TEL 0422-46-1436 / FAX 0422-43-6998
Mail contact@jap-inc.com



JAP工房cpiblog00579 at 17:48│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2011年05月07日

dokurostone.jpg
髑髏ストーン本舗、Tシャツ5点の通販取扱いを開始致しました。

size.jpg

※各サイズのスペックは、上記表を参照ください。

ご注文サイズの在庫がない場合、
受注を頂いてからの生産となります。
その場合、納期が一ヶ月程度かかる
可能性が御座います。
予めご了承下さいます様、お願い致します。

【お問い合わせ】 contact@jap-inc.com

 



JAP工房cpiblog00579 at 12:33│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2010年09月06日

毎年恒例、髑髏ストーン本舗極楽湯巡り会は第七回目を一昨日、昨日と無事終えました。
この会は髑髏ストーン本舗を始めた年に創った骸骨柄の浴衣を、みんなで着て屯(たむろ)する為にということで始めた温泉旅行の会です。始めたら毎年また来年もということになり、今年で七回目でした。
参加資格は前出の骸骨浴衣を購入していただくこと。
来年もきっとやるので、初耳だという方はご一考を。

さて、その浴衣、浴衣の季節はお盆という感じですが、秋祭りがその年最後の出番。吉祥寺のお祭りは今週末9月11日(土)と12日(日)の2日間。特に1日目の土曜日夕方にJAP工房・ギルドユニット前にお神輿が停まるのでその時骸骨浴衣が大集合しますよ。

JAP工房cpiblog00579 at 16:52│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年08月13日

髑髏ストーン本舗の2009年デザインのTシャツを発売中です。
火龍、雲龍、雨龍の3デザイン。





↑雨龍。




↑火龍




↑雲龍。

サイズは、ADULT'S:S/M/L、KID'S:M/Lの5サイズ。
「KID'S:M」はレディースのピタTサイズ、「KID'S:L」はレディースサイズになります。

価格は各4800円になっています。

さらに今年は軽井沢のSinバージョンも用意。





サイズは、ADULT'S:S/M/L/XL、KID'S:M/Lの6サイズ。
価格は各4800円です。


JAP工房cpiblog00579 at 16:44│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年08月01日

風鈴の音を動画でお届け・・・。

ちょっと風が強すぎ!?



JAP工房cpiblog00579 at 16:19│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年07月31日



本日よりGASで『永井煌晟ガラス展 髑髏の風鈴展 』開催です。
髑髏の風鈴のほか、
ほかにはないアーティスティックな風鈴を
展示しています。

JAP工房cpiblog00579 at 09:35│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年07月22日



「永井煌晟ガラス展 髑髏の風鈴展」で展示&販売される作品を
永井さんの工房におじゃまして撮影してきました。
あいにくの雨模様で曇っていますが・・・。

作業工程も取材させてもらいました。
その詳細はGASのブログへ!


JAP工房cpiblog00579 at 12:26│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年03月30日

早朝からのロケが続いた今週あたま、移動の車の窓から開花宣言直後の桜がちらほら見え始め、日を追うごとに次々と咲き出し、終わる頃には満開。
毎日、眠い頭を抱えながら、やっぱり春はやってくるのだなあと実感していました。

さくらさくら
衣装で関わっている映画の撮影は、まだまだ続いていますが、JAP工房の仕事としてはとりあえず手を離れ、あとは、T王子の春ツアーの衣装の総仕上げを残すのみ。
あまりの通りのにぎやかさに、アトリエの窓から覗くと、井の頭公園はお花見のお客さんでいっぱい、というか溢れています。

今年は、いい感じであったかくて良かったですよね。

ちょっと迷惑なのが、隣のコンビニが完全にお花見仕様に模様替えをし、普段あるものが、種類も数も相当数しぼられ、替わりに使い捨てのコップやらシートやら酒やつまみに棚を占領されていて、おまけにレジは長蛇の列。まあ、かき入れ時なので仕方ありませんが。JAPのスタッフのひとりは、いつもは売られていないフランクフルトが大量にホットウォーマーの中でホカホカしているのを発見し、ニコニコしています。毎年、花見の季節が終わる頃にはコンビニのお兄さん、お姉さんは祭りの後よろしく、声をガラガラに嗄らしています。
数年前から、井の頭公園は夜10時以降の花見を禁止していて、それ以来JAP工房主催のお花見は行われていません。夜型人間の集団なので。

夜桜


今年の髑髏ストーン本舗の新作は、『夜桜骸骨』くんを復活させようかと思っています。店頭に並ぶのは花が終わってからですが、お楽しみに。こちらは本日描き下ろし。

ところで、今回の映画の衣装、これ以上無いというくらいパーフェクトですよ!
公開まではお見せできませんが、こちらもお楽しみに!!!!
JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック