シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

悪魔

2016年03月06日

期間限定にて製作・販売している悪魔物品の数々は
D.C.18年3月末日をもって受注を終了します

オンラインショップ
http://www.jap-inc.com/index.html
※オンラインショップでは一部の限定商品は取り扱いしておりません。

PA100170

悪魔物品は吉祥寺のJAP工房直営店<GUILD-UNIT>でご覧いただけます!
※オンラインショップでは取り扱いのない限定商品もございます。
※写真に写っている商品の一部は品切れ、販売終了のものもございます。ご了承下さい。

CbpirkQUMAIsLJ1

CbpirkWUEAABk8-

CbpirkNVIAEiQwm

CbpirkLUcAA6EvU

JAP工房直営店<GUILD-UNIT>
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5 伊藤ビル3F
TEL 0422-46-1436 / FAX 0422-43-6998
OPEN / CLOSE 11:30〜20:00
【第1、第3月曜日 Open 13:00〜20:00】
年始以外無休



JAP工房cpiblog00579 at 12:15│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2015年12月28日

PA100173
<聖飢魔IIシルバーマスクリング>制作秘話を
JAP ONLINE SHOP NEWSに掲載中です。

シルバーマスクリングをすでに着用の方も、
これからの方も、そしてお悩み中の方もぜひご一読を。

http://japtopics.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

JAP工房cpiblog00579 at 12:01│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2015年11月28日

先日お伝えした聖飢魔II「悪魔物品」コレクターズアイテムの一部を
JAP工房オンラインショップで取り扱い開始しました。

PB140157

紋章バッグチャーム、紋章バッグチャームチェーン
バッグの持ち手などに下げることができる紋章のチャーム。
お手頃価格です!


PB140325

ルーク篁参謀ご着用。参謀ver. 紋章リストバンド
「紋章ペンダント参謀ver.」をリストバンド化。
リストの径をスナップボタンで2段階調整できます。
Mサイズ:16.7cm/18cm
Lサイズ:18.8cm/20cm


そして、お部屋の壁を彩るアイテムが2つ。

21

額装髑髏剣モチーフは、閣下の戦闘服の両脚を彩る髑髏剣モチーフを、
同じ作り方、同じ素材で制作して額装しました。
30周年記念メタルプレート付きの期間限定品です。
サイズ:W約30cm×H約55cm


22

額装紋章オーナメントは、構成員の戦闘服に付いているシルバー製紋章の複製。
閣下の戦闘服の前中心に付いている紋章と同じ物ですが、
鑑賞用オーナメントのため、アクセサリーとしての使用はできません。
30周年記念メタルプレート付きの期間限定品です。

JAP工房オンラインショップまたは、
JAP工房直営店<GUILD-UNIT>で発売中です。

JAP工房直営店・GUILD-UNIT
〒180-0003東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5 伊藤ビル3F
TEL 0422-46-1436
Open A.M.11:30〜20:00P.M.
(第1,3月曜日 13:00〜20:00)
☆年始以外無休



JAP工房cpiblog00579 at 12:33│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2010年08月30日



JAP工房が衣装制作をした
映画『ゴスロリ処刑人』が
今週末公開です。

劇場では現在鋭意制作中の
秋山莉奈×JAP工房コラボ
『ゴスロリ処刑人』ドール

を展示予定!

今週末まではGASでも
劇中衣装を展示してたりもします。

実は『ゴスロリ処刑人』も悪魔系。
聖飢魔II、牙狼、ゴスロリ処刑人と
悪魔がいっぱいのJAP工房なのですよ。

JAP工房cpiblog00579 at 23:12│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年04月12日

仕事柄なのか、趣味の性なのか、羽や翼をデザインしたり描いたり作ったりすることがよくあります。だから、羽や翼の仕組みや生態的特徴を結構調べたりします。

最近なにかのTV番組でダヴィンチの絵画の特集をしていました。それによると、ダヴィンチは、天使の翼は実在するものだからうまく描ける、でも天使の光輪は実在しないものだから表現するのがむずかしいと言ったとか言わないとか。いずれにしても、ダヴィンチ的には天使の翼はなにかしら鳥のそれと同じだという見解なのでしょう。

でもね、人間の骨格に翼が付いただけじゃあほんとは飛べません。胸筋や背筋、それを支える骨格とか肺活量とかがまったく飛ぶ機能を満たしていないからです。
でも、そんなこと、ダヴィンチだってもっとよく知っていたと思います。

だから、天使の姿形に関してはデザイナー的な考え方で納得していたのかななどと、勝手に解釈しました。

さて、悪魔の羽となるとこれはもちろんコウモリの翼です。信じる信じないは別として周知の事実。西洋ではコウモリは不吉なイメージが強いようです。
日本ではむしろコウモリは幸福の象徴。なぜかというと、コウモリを漢字で書くと『蝙蝠』。ねッ、幸福の福の字が見えかくれしていたり、音感的にもコウフクに似てませんか?
日本の古い金工作品には、多くコウモリの意匠が残っています。
そんなデザインを見た19世紀ヨーロッパの芸術家たちは、こぞってコウモリをモチーフにしたりしました。

では、堕天使の翼は?黒い鳥の羽だったりコウモリのはねだったり。。。結構デザイン性が高く、デザイナー的には面白い存在です。



ここのところ、映画業界が大人しい感じですが、いよいよ公開されます。
「天使と悪魔」。詳しくは公式サイトを。
この作品は、たまたま原作を3年ほど前に読んでいて、その時から映画公開が決まっていたので、とても楽しみにしていました。ダヴィンチ・コードの原作者がそれに遡り書いていた作品です。原作のラストは、多少乱暴な感も有りますが、とにかく大スクリーンで観たいと思います。

JAP工房cpiblog00579 at 17:38│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック