シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

 Sammy

2009年04月01日

こんにちは!Sammyです。

今日から4月。早いもので今年ももう3分の1が過ぎ去ってしまいました。

そしてBAR JAPもすっかり片付きました。

がらーんとしたフロアに、7年前、床が出来上がったばかりの

オープン前のBAR JAPを思い出しました。


あれから忘れられない思い出がたくさん詰まった場所になりました。

いろんな曲、歌声を聴いた!いっぱい踊ったなー!結構転んだなー!

寝ちゃって閉じ込められたこともあったよ。(ワタシの他にあと2名知ってる・・・)

BAR JAPで出会って結婚し、子供も生まれたカップルもいるよ!

ケンカもあったけどね、まあ酔っぱらいだからすぐ忘れてまた呑んでたりね。


さて、これからは「ROCK STAR CAFE」で酔っぱらいます!!

カウンターにはBAR JAPの座りなれた椅子が入り、落ち着けて呑めるようになってた。

またたくさんの酔っぱらい伝説が生まれますように。


というわけで、今週のCDは超懐かしいところをひとつ。


Straight Up/Badfinger

Straight Up/Badfinger (1971)

紹介したいのはバッドフィンガー3枚目のアルバムの9曲目、
ジョージ・ハリスンのスライド・ギターがフィーチャーされ、
レオン・ラッセルがピアノを弾いている「Day After Day」。
ブリティッシュロック&ポップの名曲ざんす。

この曲がラジオからよく流れてた頃、中学の入学式があり、
当時の思い出とだぶるので忘れられない1曲なんです。


JAP工房cpiblog00579 at 16:54│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年02月18日

こんにちは!Sammyです。

暖かかったりと思ったら、今日はまた真冬に逆戻り。
いよいよ花粉も飛びまくりだし、寒さに震えながら痒い目をこすり、鼻をぐずぐず。
地球温暖化、異常気象、もはや日本でも季節感は求められない?

あ、ワタシはもともと季節感が無いのがウリだからいいけどさ。

昨今ちまたは地デジ対策とか言ってテレビ画面に「アナログ」なんて表示が出ちゃってるよね。
邪魔だー!どうも押し付けられてる感がいやなのよ。

そんなことより!

ついにウチのテレビが逝ってしまわれました・・・

ある日キューピー3分クッキングを見ていると、

プツッ


しーん・・・



え?何?どうした?停電?


いや、電気は点く。

スイッチが入らなくなってしまっているようである。



があーーーん!!


いやー近頃画面が緑になったりピンクになったりしてたからそろそろかなーとは思ってたけど。
かれこれ20年は見てるしね。

最近、娯楽と言えばテレビがたよりだったのに!
昨年のリーマンショックによる世界的不況により(?)今
ウチの経済は非常に逼迫してるんだぞーー
地デジ対応の薄型液晶テレビなんて買えるわきゃない、
もいちど中古でブラウン管の厚ーいの買うの?

・・・救いがあったのは、ずいぶん前の何インチかな、
ほとんど画面の左右がVHSビデオテープの幅しかないテレビがあったので、それ活用してます。
もうね、ガン見しないと何やってんだかわからない。
字幕読むの大変です。
音もモノラルだよ、グラミー賞のパフォーマンス、楽しみにしてたのに観る気うせた・・・

ま、がまんがまん!
使ってなかったから画面はきれいです。

そして恐ろしいのはすでに30年は使ってるであろう冷蔵庫・・・
がんばってくれよーー


ますます地球に悪いことしてる気がする・・・



そんなこんなで今日のCDはSammy's CD棚発掘シリーズ

The Auteurs[ジ・オトゥールズ]
The Auteurs - How I Learned To Love The Bootboys 1999

ジ・オトゥールズ

イギリスの耽美で退廃的なグラムロック風ギターポップバンド っての?
自分でもなんで買ったのかよくわかりません。
この頃こういうの好きでジャケ買いしてたんだね。
まあ、声は好きだし、微妙なテンポと、もどかしいギターサウンドが聴いてて気持ちいいです。
しかしイギリスのバンドってほんと巧くないよね。




先日、カンちゃんのライブがあんまり楽しくてついつい飲み過ぎて
久しぶりにシカになったSammyでした。



JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(1)トラックバック(0)mixiチェック

2009年01月28日

こんにちは!Sammyです。

寒いですね〜
思いっきり体調崩しました。皆さんは大丈夫ですか。

ボディペイントパーティ、行かれましたか?
ワタシはフルでは参加できなかったけど,3日間ともちょこちょこと観ましたよ!
素晴らしかったですね!
アーティスト魂をまざまざと見せつけられて圧倒されました!!

ワタシも絵を描いてた頃があったんだけど、すっかり忘れてしまいました。
今うっかり描くととんでもないものになっちゃうので自分でも驚いてます〜

「記憶絵心クイズ」なんてのをTVのバラエティ番組(特にぷっすま!)で見て
芸能人が描く妙な絵に笑ってるけど、人のこと言えない〜

ワタシもいよいよ半世紀を生きることになっちまって何とか老後に向けて
趣味をもたなきゃな、と。
はがき絵か?まさかね。


音楽は最近は古いのばっかり引っ張りだして聴いてます。
忘れられてたCDの中にも「あれ?こんなによかったっけ?」
てのがあるのでなかなかウチのCDラックもあなどれません。(自己満足)

そんな中からユマジェッツの「デモローション」1997年
元ジェリーフィッシュのベース、ティム・スミスを中心に結成されたバンドですが、
やはり、ジェリーフィッシュを小型に地味にした雰囲気なんだけど、
音はもうちょっとバンドっぽいというか、もちハーモニーは抜群で
ストレートでさわやかなギターサウンドがネオアコっぽいのかな。
でも今聴いてもいいかんじ。


ユマジェッツ



アマゾンで探したらひどい画像しか無かった。しかも193円。
かなし〜





最近どうもテンション低いSammyでした。

JAP工房cpiblog00579 at 16:19│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2009年01月07日

あけましておめでとうございます。Sammyです。

年頭にあたり、今年の目標などを考えてみましたが、
今年は昨年に引き続き厳しい年になるのが目に見えているため、建設的な希望が持てません。

いつもなら今年こそダイエットを成功させるぞ!とか、海外旅行に行きたいね!
なんて、のんきなことばかり言ってたのに。

でもだからって暗くなっていては何も始まらない〜!!!
気を取り直して・・・


昨日の松KENさんの話、イイ話でしたね!
あの頃のJAP工房を知ってる者としては、
懐かしさと時の経つ早さにしみじみしたり、焦ったり。


一昨日の流石さんのおすすめ映画「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー 」。
「ヘルボーイ」の1作目、大好きだったんです!!
「パンズ・ラビリンス」も良かったですけど、
「ヘルボーイ」の主人公がかわいいというか、やんちゃで悪魔のくせに人間臭い(!?)
ところが凄い魅力的なんすよね。変なバケモノもいっぱい出てきますし、
何て言ったか半魚人の仲間もいい味出してます。

たまには映画館に見に行こうかな。


ライブの予定は今のところなし。
あっ!「時の黒猫」がありますね!1月31日に吉祥寺「GB」ですよ。
久しぶりなので楽しみっす。星持ってみんなで騒ぎましょう!

しょっぱなから脈絡の無い話ですみません。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今一番欲しいCDです。
「 1.2.3.4(アイ・ラブ・ユー)」っていう曲が胸キュン(死語?!)なんですわ〜

Plain W

JAP工房cpiblog00579 at 17:23│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年12月17日

皆さんこんにちは!Sammyです。
もう信じられないくらい1年が早く終わる〜

今年も残すところあと2週間。
ことしもただぼーっと過ごしちまったか!

でも今年は盛り上がったライヴに恵まれたな。

2月のPOLICE 懐かしい曲にあの頃がよみがえった。スティングはしぶセクシーで素敵だった。

4月CEAP TRICK ステージの始め、ロビンはちょっと直視できなかったけど、
演奏はすご!うまくなってるし、声だってバリバリでてるし、最終的には大満足。
武道館だよね!やっぱ。

この頃、EATER LUNCHのレコーディングで、四苦八苦。
(まあ、ワタシは何がなんだかわからない感じであったが)

そして7月はFUJI ROCK FESTIVAL.

ロジャーマニング

ROGER JOSEPH MANNING JR. もちろん大合唱。


ズートンズ

The Zutons 
炎天下の中激しくおどりまくり。









sparks new album


そしてSPARKS 
まさかあんな山奥にこんなにファンが集まるなんて、
ロンとラッセルには想像つかなかっただろうな。
彼らのびっくりした顔、嬉しそうな顔が忘れられない。





んで9月には筋肉少女帯、
「筋肉少女帯デビュー20周年記念公演〜サーカス団、武道館へ帰る〜」
相変わらずのオーケンは元気いっぱいで、懐かしいメンバーにも会えて幸せ&元気がでた。

10月には単独公演で再来日したThe ZutonsをO-EASTという小さなハコでじっくり堪能。

そして11月、今はすっかり台湾の住人となったAKIのブルースバンド、
BOPOMOFOの日本凱旋公演。
久しぶりにAKIのギターを生で聴けて嬉しかった。
http://www.bopomofo-blues.com/

さて、ライヴで1年を綴ってみましたが、ひとつ心残りは
ワタシにとって今年の新人ナンバー1、MGMT。
彼らのライヴ、サマソニも単独公演も行けなかったコト。
ううっ〜悲しい。是非ともこのまま続けて大きくなってまた来日してほしいよ。

MGMT

また来年もROCKな1年でありますように。

Merry X'mas & A Happy New Year!!

Sammyでした。


JAP工房cpiblog00579 at 16:05│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年11月26日

こんにちは!Sammyです。

やばい、風邪引いたみたい〜!
久しぶりに熱出たもよう。ここ何年も熱なんか出たことないので、免疫が無いからどーも調子狂う。

「いつまでも薄着でふらふらしてっから〜」

って、その通りです。なんせ季節感がないのがワタシのとりえですから。

そこで、こんなときはゆったりした音楽でも聴いて暖かくしておとなしくしますか。
てわけで、思い出しました。

12月にはSTINGのライブに行くんだった。


STING

Featuring Songs from his Best Selling Classical Album「SONGS FROM THE LABYRINTH」
Performing with エディン・カラマーゾフ and stile antico(early music vocal ensemble)



Bunkamura オーチャードホールにて、英国音楽史上最大の音楽家、エリザベス朝時代の作曲家/リュート奏者、ジョン・ダウランドの作品を、STINGがリュート演奏の第一人者、エディン・カラマーゾフのリュート伴奏のみで歌うという企画。

やばい、予習しなきゃ〜

これ買わなきゃ〜 NE〜Chang持ってるかな〜 チケット代まだ払ってなくてごめんね〜

STING_album

スティング/ラビリンス〜スペシャル・エディション

スティング(ヴォーカル&アーチリュート<15,20,24>)
エディン・カラマーゾフ(リュート&アーチリュート)
CHM-CD:UCCH-9007 \3,000(\2,857) ドイツ・グラモフォン






皆さんも風邪など召されないように気をつけてくださいね。
覇気のないSammyでごめんないでした。

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年10月15日

皆さん、こんにちは!Sammyです。

いよいよ秋!皆さんにとっては『何の秋』ですか?
ワタシはもちろん食欲の秋です!
めっきり涼しくなった今日この頃は、連日食べ過ぎで、体おかしいです。

そんな先日「いよいよ秋、日本酒がおいしい季節ですよね〜」という呑み友AMATの言葉に、

そうだ!カキ食いにいこう!

カキ
とばかりに、もうひとりの呑み助K助とオンナ3人連れ立って、
吉祥寺は中道通り商店街にできた「上総屋眞吉 吉祥寺店」に
行ってきました。
表に所狭しと並べられたカキ!カキ!カキ! 魚!魚!魚!

興奮状態でまずは生ビールで乾杯!なんと、セルフで入れられる機械が楽しいの!

もちろん、次は日本酒。ここは青森の地酒がずらり!
知らない銘柄を次々といただきました。

刺身はもちろん、タコ唐揚げ、名物のっけ寿司・・・あと何食べたっけ・・・

そして!やはり、生ガキ!
カキ好きにはたまらない、リーズナブルなお値段!
いくつでも食べられそうだよー!!

やばいっす!

大ぶりの身はもう!つるっ、プリ、ジューシーなんて陳腐な言葉しか出てこない・・・。
言葉にならないほど新鮮な感動の一品でした!


そこのカキ好きのアナタ! 


ぜひ今度ご一緒しませう!!


そんな訳でってか、関係ないけど、今日の1枚は、
「ユー・キャン・ドゥ・エニシング」ズートンズの3枚目のアルバムです。
ギターが替わってかどうかわかりませんが、いくぶん大人な感じ。
独特のドライヴ感あふれるソウルフルなロック、そして切ないメロディラインも健在です。

では、皆さんも秋を満喫してくださいね。

スポーツの秋はほど遠いSammyでした。

ズートンズ

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年09月24日

みなさん、こんにちは! Sammyです。

先週の水曜日、MammUさんのブログ!早く読みゃーよかった!

爆裂都市!BURST CITY !

ワタシも大好きでした!

映画の撮影にはたくさんのエキストラが参加して、ワタシは行けなくて残念だったんだけど、
行った友達は「寒いは、汚いは、眠いは、で
超!(とは当時言ってないよね)タイヘンだった。って。

なので、映画完成記念上映&バトル・ロッカーズLIVEが新宿の今は無き、なんてったっけ?

今、「バルト9」になってる映画館であったのは、もちろん行きましたね。

客席の傾斜がすごくきつくて、映画、観やすいんだかなんだかわからないとこですよ。
そこのスクリーンの前で、ライブ演ったんだから、けっこうムチャなイベントだったなあ。



そんなワタシは先日21日、日本武道館で「筋肉少女帯」を鑑賞してきました。

いや、「1万人のダメジャンプ」に参加してきました!

今回は 祝デビュー20周年記念 「サーカス団、武道館へ帰る!」

つーことで、14年前もここにいたなあ!とシミジミしてたらとんでもありませんでした。

今回のドラマーさんがツーバスどこどこヘヴィメタ野郎?!すごい迫力!かっこいい〜

そして過去、通り過ぎてったメンバーも登場!

なつかしのドラムス、太田さん!超絶速弾きギタリストの横関さん!

久しぶりに聴いた「キノコパワー」は
今更ながらに唯一無二のプログレッシヴロックを再認識、堪能しましたね。

しかし、もーこのトシで、3時間はキツイって!
手はずーっと振り上げっぱなし!足下は当然跳ねまくり!

オーケンも途中ばてて、血糖値を上げるためにチョコを要求してたよ。


いつ観ても、楽しいなー!おもしろいなー!かっこいいなー!
そして元気をもらえる!(ってこの言い回し好きじゃないんだけど、その通りなんだよなー)


ありがとう!筋少オールスターズ! まだまだ続けてね〜

というわけで、復活後2作目のシングル「ツアーファイナル」 [Maxi]
オーケンごめん!まだ買ってない〜


ツアーファイナル

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年09月03日

みなさん、こんにちは! Sammyです。

あぶないとこだった。また忘れてた。

急遽、内容を変更して書くことにしました。
(別に予告してないんだから断らなくていいけどね)

昨日、山手線外回り車内にて。

うわー!きれいにコスプレってるコがいるなー

白ロリだー

近づいて見てみよー

おお!靴は先のまあるいつるんとしたブーツ。

それを隠すかのように覆い尽くしている何層にもなったふわふわのドレス。

いくつもの小さいリボンがついたコルセット。

その下にはふんわりとした袖のうすーい生地のブラウス。

しかもこの暑い中、立ち上がった襟元はきっちりボタンでとめられ、

さらに、ガーゼ状の手袋をはめた手。

小花プリントの小さいハンドバッグを膝に乗せ、

髪は銀色のショートボブ風、そこへ顔全体を覆っているネット付きの
美智子様がかぶられるかのごとき小さい帽子がのっている。

帽子の上には顔よりもはるかにでかい花が!

そして、このコーディネイトを完璧にしているのは全体の色だ。

白→生成り→薄ピンク→薄ベージュ とまるで中世の絵画に出てくる少女のよう。



で、この方よく見たらというか、すぐ気がついちゃったんだけど、男性なんです。



でも、ニューハーフとかドラァグ・クィーンの方たちみたいな濃いい化粧はしていない。
うすーくおしろいをはたいてるだけと思われる。
顔立ちは浅野忠信さんが年とった感じ。
そう、男性ってだけじゃなく結構お年を召してられてます。

感動しちゃった。
世の中まだまだ捨てたもんじゃないね。

あとつけたかったけど、それでなくても遅刻していたので、泣く泣く電車を降りました。

どこかでまたお会いしたいなあ。皆さんも見つけたら教えてね。

と、いう訳で今回のCDは
POP LEVIの「NEVER NEVER LOVE」
ポップ・リーヴァイと読みます。ジーンズメーカーのブランドではありません。

現代によみがえったマーク・ボランか?はたまた白人のプリンスか?
グラムロックは究極のPOPSであります。
ロック、ポップスにはまだまだ無限の可能性があることを証明してくれる1枚です。

では、またね。まだまだ汗だくのSammyでした。


pop levi never never love

JAP工房cpiblog00579 at 15:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2008年08月13日

こんにちは! Sammyです。

前回お休みしてしまいました。すっかり忘れてて・・・ごめんなさい。

自分でも忘れるほど、ワタシの担当の日ってあまりにも中身がないなあーと、思っています。
が、まあ、いいじゃんーと気を取り直して書いてみることにします。

今、JAP工房は大変なことになってますね!!!
近所にいながら、近頃顔出してなかったので、そんなこととはつゆ知らず・・・。
王子に会いに行かなくっちゃね!!

世間は北京五輪ですが、ここに来る人たちはあんまり興味ないのかしら?
ワタシはフツーに楽しんでいます。
仕事中TVつけっぱなしはもちろん、夜のニュースでもチェック!
やっぱりスポーツは観るもんですよ。
オリンピックだけのにわかスポーツファンになってる人は・・・

ある!と思います。

0d510e78.jpg


先週末、サマソニ行きそびれてつまんなかった。
MGMT観たかったなあーーー。というわけで、
再登場のこのジャケ。

NYの若いイケメン2人からなるユニットですが、
1st Albumのタイトルは「オラキュラースペクタキュラー」
意味は?「荘厳な、謎めいたご神託?」よくわかりませんが、今1番好きな人たちです。
CD紹介文なんかだと、
マジカル・エレクトリック・サイケ・ポップ なんだそうです。

その通り、ある!と思います。


ちょっと古くなりましたが、(といっても2週間半前だけど)フジロック行きました。
今回は中日の1日のみの参戦。
ねらいは夜の10時半からというSPARKSでしたが、他にも異常に盛り上がってしまいました。
THE ZUTONSは、あんまり期待してなかったんだけど、もー踊りまくってしまいました!

やっぱ、横ノリロック      ある!と思います。

Roger Joseph Manning JR. 元ジェリーフィッシュのキーボーディスト、BECKのバックなんかもやってた人だけど今回はバンドを率いて登場。前日にやはり元ジェリーフィッシュのジェイソン・フォークナーが出てたので、もしかして!ジェリーフィッシュの曲での共演があるかも!と思ってたらやってくれました。2曲も。
涙が出るほど、って出たほど嬉しかったです。いや、ロジャーのソロでのパフォーマンスは初だったけど、素晴らしい才能をいやというほど見せつけられて幸せでした。今後、ジェリーフィッシュの再結成は?   

ある!と思います。
いや無理かな?
アンディが奥田民生やパフィーと遊んでたからなー。今は何やってんのかなあ。
戻ってきてほしいなあ。

そして、あまりにも興奮していてSPARKSのライヴはあんまり覚えていません。
おいおい思い出してにやにやしそうーーーー。


当然、これからもSPARKS単独来日公演実現は

ある!と思います。

各方面の皆様、また来年、よろしくお願いします。
暑くて頭がぼけてきました。明日からお盆休みをいただく予定のSammyでした。

最後はSPARKSのNew Aibum
“Exotic Creatures Of The Deep” 2008年7月23日発売
なんと、日本盤は「DVD付プレミア盤仕様」という
日本においてはかつてない力の入れようで
インペリアルレコードさん!ありがとうございます!!


sparks new album

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック