シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

2016年02月10日

新作の「魔導輪ザルバ・アーキタイプ」と
既存の「魔導輪ザルバ」との違いについて説明させて頂きます。

「アーキタイプ」はファーストシーズンの極初期にのみに使用された魔導輪ザルバで、
一部の番組制作関係者だけがその存在を知るバージョンです。

※「アーキタイプ」という名称はあくまで既存のものと区別するため、
今回の商品化のために命名したものです。


01 zarba01
左:魔導輪ザルバ・アーキタイプ(新作) 右:魔導輪ザルバ(既存品)

竹谷隆之氏の原型をほぼそのままにシルバー化した「アーキタイプ」は
ザルバの顔がやや下向きで鋼牙と会話がし難い、
後頭部が指と密着しないため引っかかりやすい、そして重い、
などといった、撮影を開始してからでなければわからない問題点がありました。
これらを改良したものがその後劇中で使用されているもので、
JAP工房が以前から販売している「魔導輪ザルバ」もこの改良後のもの。

「魔導輪ザルバ・アーキタイプ」と既存の「魔導輪ザルバ」の
一番の違いが分かるのはリングの構造です。
既存のザルバは頭部とリングが一体化していますが、
アーキタイプは指を入れるリングに、頭部がついている構造になっています。

IMG_0236_edited-1
 左がアーキタイプ。
IMG_0237

IMG_0242

また、今回の商品化にあたっては、商品としてはNGとなる部分ですが、
竹谷氏の原型を尊重してリング内側の表面未処理部分(※シワのように見える部分)も
そのままにしました。

P2060077
あえて残した表面の未処理部分も「アーキタイプ」のこだわり。

着用する指輪としては10年前の撮影時と同じ問題を抱えている
「魔導輪ザルバ・アーキタイプ」ですが、
だからこそ、10周年という記念すべき今に商品化。
「問題」部分もファンであればむしろ「魅力」となるのではないでしょうか?


「魔導輪ザルバ・アーキタイプ」は
『牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-』が開催される2月11日に
10周年記念ロゴの入った「魔導輪ザルバ・アーキタイプ〜10周年記念ロゴ入り」を
99個限定で発売開始(受注生産)。
限定数終了後は10周年記念ロゴのない通常版を販売します。

05
初回限定99個にのみ10周年記念ロゴが付きます。

『牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-』会場で
数量限定で当日お持ち帰り頂ける特別販売分を用意します。
イベント会場および、JAP工房オンラインショップ
2月11日10:00頃より予約受付を行います。
※現在、オンラインショップでご覧いただけますが、
 カートに入れられるのは2月11日10:00頃となります。


(C)雨宮慶太/Project GARO (C)雨宮慶太/東北新社


JAP工房cpiblog00579 at 13:20│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字