シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

2007年11月07日

ここ数年、オフィシャル・カメラマンとして
お世話になっている、KENです。
水曜日は、僕が最もウエイトをおいて撮影活動を続けている
「音楽」や、「写真そのもの」についても、
自分なりに記していけたら…と、考えています。
つれづれなるまま、どうぞ、お付き合いください。

***********************

僕は、フィルムで写真を撮るのが、
とても、とても好きです。

KEN_0

よく、ライブハウスでお会いする方々は、
僕が大きなデジタルカメラを、何台もぶら下げている
イメージが強いかもしれませんね。

デジタルの恩恵によって、メインである
音楽撮影活動が継続できる、その感謝の気持ちは、
とても語りつくせるものではありません。
(本当に、本当に、助かっているのです!)

でも、自分が一人で撮影をするとき、
僕はなぜか、フィルムカメラを手にします。

僕達、撮影を行う者が、残そうとしているのは、
「時のかけら」と「こう観たい!」と感じている、
「撮影者の気持ち」です。

それは、本来ならば、時の流れとともに
薄れていってしまうもの。

デジタルカメラは、それはそれは鮮明かつ詳細に、
対象物を撮影できるのですが、
なぜか「目の前の世界を自分のものにしたぞ!」
という気持ちには、なりにくいのです。

それは、紙に焼き付けたときには、ある程度、
解消されるジレンマなのではありますが、
興味深いことに、フィルムでの撮影時には、
シャッターが降りる、まさに、その瞬間に、
「やった!」を感じることができるのです。

KEN_1

そんな僕の愛用機が、この画像にある機械。
オートフォーカスも自動露出も自動巻き上げも、
本当になーんにも付いていない…
見方によっては、「なんだ、このぼろ!」と、
思われてしまうような、そんな機械です。

でも、そんなこいつが、「撮れた!!」の、
大きな喜びを与えてくれるのです。

携帯電話を始め、デジタル機器の撮影機能が、
猛烈な進化をしている今だからこそ、
フィルムの持っている、独特の「気難しさ」や、
撮影の緊張と引き換えに、写真は、撮影者に、
宝物に感じられる「1枚」を与えてくれるのを、
あらためて楽しむのも、良いものなのだと、
僕は、シャッターを降ろす度に感じています。

JAP工房cpiblog00579 at 13:35│コメント(0)トラックバック(0)水 :みんな DE うた |  KENmixiチェック

2007年11月06日

火曜のブログは、数人でランダムに毎週交代でやるんだってー。
まずは私、工房のP(プリンス)から軽いノリでスタートです!

次回はだいぶ先の話になりますが、勝手にシリーズ化してみました。

ここで言う『男のロマン』とは、男にしか分からない価値観や物への情熱、
常に『ハイスペック』『ハイグレード』『ハイクオリティー』を求めて、時にはリスクを負う事も。

多少マニアックな話になりますが、そんな事はぜーんぜん気にせず行きます。

ブレンボ

で、いきなり画像を出しましたが、これが何なのか? そんな説明はイッサイしません。




この黒くて硬そうな質感、ぱっと見で精度の高い工業製品と分かります。
形状から現行の物ではなく少し前の物になりますが、『ハイスペック』『ハイグレード』『ハイクオリティー』お値段も数十万はするでしょう。


無駄でもいい、そこには『男のロマン』が・・・・・。(つづく

JAP工房cpiblog00579 at 12:00│コメント(0)トラックバック(0)火 :工房な日々 |  Factory Pmixiチェック

2007年11月05日

月曜を担当することになった流石(りゅうせき)です。
“流石”は今回からの筆名なんですけど、その由来は今後機会があれば。
とりあえず、映画ライターの端くれとして新作映画紹介を
ネタの中心にしていく予定です。
で、その前に初回でもあるので、当Blogリニューアルとその後に続く、
オフィシャルサイトのリニューアル経緯について・・・。

5年半前に出版された「THE JAP GUILD WORKS 〜JAP工房作品集〜」をご存じでしょうか?




そのあとがき的対談で、その作品集制作スタートに向けて
ある発射ボタンを押してしまったのが僕だと言うことが述べられています。
詳細は作品集に委ねるとして、
今回もまた発射ボタンを押してしまったのはどうやら僕らしい。
ただ単にサイフを無くしてしまったので、
新しく「B.C.R.P.」のサイフを買いに行っただけのつもりだったのに‥‥。

正直に言えば、しばらくご無沙汰していたので近況を報告しつつ、
オフィシャルサイトのちょっとした意見を述べたかったのが事の始まり。
ほんとにちょっとした意見のつもりだったのだけれど、
川上さんにはしっかりと発射ボタンが用意されていて、
僕はそんなボタンがあるとも知らずに、ガツンと思い切り押してしまったわけです。
で、僕の意見以上にエスカレート、
オフィシャルサイトの全面的な見直しが行われることになってしまったのです。
作品集のときと同じ、ミサイル発射です。
それにしても突然ミサイル発射ボタンが押されても、
JAPのスタッフが慌てることなく対応してしまうのには、
いつも感心してしまいます。
僕の知らないところで常にミサイルが発射されているんでしょうね。

オフィシャルサイトのリニューアルまでにはまだ時間が掛かります。
やるからにはとことんやるのがJAPです。
川上さんにはたくさんの発射ボタンがあるので、
連鎖的にいろいろなミサイルが飛んでしまう可能性もあるため、予定は未定。
もちろん予定表はあるんですけど。
Blogの先行リニューアルは、自分達のモチベーションを保ちつつ、
これまで以上にJAPファンの皆さんとの距離を縮めていければ、
というのが真相です。

++++++++++++++++++++

さて、「月曜迷画劇情」第1回目に紹介するのは「パンズ・ラビリンス」。
もう公開から1ヵ月になるので、
ご覧になっている方もいらっしゃるかもしれません。




職業柄、「最近いい映画ない?」とよく聞かれますが、
10、11月の答えとしているのがこの作品。
薦められて観た人も満足していたので、
客観的にも「いい映画」と評していいのでしょう。
「パンズ・ラビリンス」は端的に言えばダーク・ファンタジー。




個人的にはJAP工房の作品(製品)にも
“ダーク・ファンタジー”な要素が潜んでいると思っているので、
そんなJAP工房に魅力を感じている人には本作もお薦めできます。
タイトルの“パン”とはギリシア神話の神の一種、牧羊神のこと。
ローマ神話ではファウヌスと呼ばれています。




が、主人公はパンではなく、その迷宮に迷い込んでしまう少女。
物語の舞台となる1944年のスペイン内戦の厳しい現実と、
パンが少女に教える不思議な世界とが見事にミックスされています。




かなりグロいシーンもあるので、お子様連れはキケンです。
メキシコ・スペイン・アメリカ合作の本作は、
第79回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞。
世界各国でもさまざまな賞を受賞しています。
すでに公開終了してしまった劇場、今週金曜までの劇場、
これから公開の劇場、とさまざまですので、ご注意ください。

「パンズ・ラビリンス」公式サイト

http://www.panslabyrinth.jp/

■STAFF
監督&脚本&プロデュース:ギレルモ・デル・トロ
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン
撮影:ギレルモ・ナバロ
編集:ベルナ・ビラプラナ
美術:エウヘニオ・カバレロ
音楽:ハビエル・ナバレテ
音響:マルティン・エルナンデス
特殊効果:カフェFX
製作総指揮:ベレン・アティエンサ  エレナ・マンリケ
共同製作総指揮:エドムンド・ヒル
特殊メイクアップ:ダビド・マルティ

■CAST
オフェリア:イバナ・バケロ
ビダル:セルジ・ロペス
カルメン:アリアドナ・ヒル
メルセデス:マリベル・ベルドゥ
パン(ペイルマン):ダグ・ジョーンズ


JAP工房cpiblog00579 at 01:01│コメント(0)トラックバック(0)月 :月曜迷画劇情  |  流石~RYU-SEKI~mixiチェック

2007年11月04日

日曜日なんていう、おおよそ私に相応しく無い曜日を担当することになった、私=YOU-KOです。

日曜日はみなさん何をしていらっしゃるのでしょう?

遠くまで出掛けたり,美味しいものを食べたり、思いっきりはしゃいだり。。。
あァ、とにかく寝るッ!とかもあるかしら。
それとも、『日曜なのに仕事だぜィ』とか。

まあ、幸か不幸か、世界の共通認識としてキリスト教の神様が定めた安息日とされる日曜日は、すべての人々に公平にやって来る訳で,それをまあ、認めるか認め無いか、」はたまた享受するのか、しないのか。とりあえず、きにも出来無い方々にはもうしわけないのだけど、きっちりと1週間に一度の日曜日になぜかこのブログの担当になってしまったアタクシ。どちらかというと、先の羅列の中で、最後者の貧乏クジを引きやすい性格ですが,心にはゆとりを!

ということで、

やっぱり、ここは、お酒でしょう!!

先日,井の頭公園黒門近くの「やなぎ」さんに行きました。かなり、行きつけのお店です。ちゃんとした和食を、リーズナブルなお値段で供して頂けます。
やなぎのお通し
ねっ、素敵なお通しでしょ?せりときのこのおひたし、湯葉のおつくり、鴨のロースト、きびなごの田作り、からしこんにゃく。そしてのみものはこれッ!
やなぎで焼酎
ド〜ン!さつま焼酎『五代』!一升瓶でキープ!!っで、こちらが裏側。
やなぎで焼酎2
ねっ、裏までサインしておきました。あたしとKANちゃんとSUMMYちゃんの合作だよ。残念ながら、この当日は二人とも居合わせませんでした。なぜ残念かというと。。。

ドー〜〜〜〜ン!!!
やなぎで蟹!
いわずもがな。かにです!たらばです!
いや〜、こんなに美味しいタラバガニは生まれて初めていただきました。
「ごちそうさま〜」

でも、人間、いくらお酒を飲んでいても,かにがでると、思わず会話も途絶え,ただ一心に蟹に立ち向かうものだということを、改めて実感した夜でした。

悪の華の涙
最後に今週の歌。エディット・ピアフのLa vie en rose!
一般的には,越路吹雪さんが歌うこのシャンソンの意訳詩「バラ色の人生」がこの言葉の意味として受け入れられていますが,直訳だと「なんてすてきなバラ!」とかいう感じでしょうか?私には、バラ色の人生にも暗い闇が潜んでいるように思われます。涙なしの人生は、逆にとてもつまらないものでしょう。
最近、ピアフの伝記的映画が放映されましたが,うっかり観そこねてしまいました。所謂ピアフ信望者の間では、賛否両論、というよりあまり評判が良くなかったイメージがありますが、まあ、とにかくピアフの歌好きの私としては、自分の眼と耳で確かめるつもりです。

写真のバラは、近所の夜はバーになるお店「むく」でお昼のランチを食べたら,なぜか唐突に貢がれたバラ一輪。なんだか、良い気分になりました。

では、また。

YOU-KO

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)夜の太陽 |  YOU-KOmixiチェック

2007年11月03日

1d5709da.jpg毎週土曜日に、このJAPのブログに何か書くようにとの事だが・・・・・
とりあえず演奏の予定を・・・・・

明日になるが、「武蔵野はらっぱ祭り」というのを、JR武蔵小金井と東小金井の真ん中くらいの南、府中免許所の丁度真北「都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ」でやる。東京のヒッピーの屋外イベントとしては古く、今年で19回目。
バンドだけではなくて、様々なバザーや展示物、食物屋も出る。
俺も勿論、サックスを吹く。俺の手伝う「山口晶グループ」のベーシストは往年のグラムバンド「ルージュ」のポリさん!!!以下その詳細。

11月4日日曜 18:10〜
山口晶グループ@武蔵野はらっぱ祭り(都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ)
入場無料・雨天決行
w/花&フェノミナン、栄光号、ヒューマナトーンズ、南條倖司&まあファミリー、ひのこバンド、アルカマラー二・オリエンタル・ダンスカンパニー、Fools、ナグネ・シナブロ農楽隊、国分寺エクスペリエンス、スーリャ、ズクナシ
http://the-harappa.net/

写真は一緒に昼飯を食いに行って、満腹でそのまま寝てしまったJAPの売り子「M」。本文とは、全く関係ない・・・・・


JAP工房cpiblog00579 at 01:00│コメント(0)トラックバック(0)銅 :今週の差し入れ |  BEMmixiチェック