シルバージュエリー&レザー製品のメーカー、そして音楽、映画業界で暗躍しているJAP工房のブログです。JAP工房を中心とした人達の裏話や、お得な情報なんかが飛び出すかも!?

2007年12月12日

こんにちは!Sammyです。いよいよ’07年も押し迫って参りましたが、いかがお過ごしですか?
シカになっていませんか?ワタシは今のところ大ジカにはなってませんよ。

さて、今回はワタシが参加しているバンド、イーターランチのお話です。
日曜日担当のYOU-KOさんも宣伝してくれていたので、皆さんご存知のことと思います。
いかさまやろうと呼ばれて。。。
この伝説のバンドは、JAP工房主宰、川上氏であるノボル(b)と泣く子もさらに泣く◯ァギナ男ユキ(Vo.)のふたりが、かれこれ30年前くらい、吉祥寺駅前の地卵屋のならびにパルコが出来た頃、南町にあったメロウなライブハウスでつるんで遊んでたのが始まり。その頃のギターのひとりには、のち、三多摩横ノリロックンロールバンドの雄として一世を風靡したバンドで現在は同じ名字のアイドル2人組のTV番組でバックをつとめたりしているベビーフェイスな方がいたり、ドラムセットの奥にはまさしくマンガから飛び出したかのような得体の知れない奴が鎮座していたりした。その後、現在のギターである白髪のパンクギタリスト山さん(g)が参加し、イーターランチが世に産み落とされ次々と伝説を作って行くことになる。

今は場所を移している渋谷の細いピンク色した階段を上がって行ったところにあった老舗ライブハウスでは入りきれない客であふれ帰り、さらにあろうことか打ち上げにはその倍の人数が居酒屋を占拠したという。また、吉祥寺のはずれにある音響の達人がいたライブハウスでは、日本演劇界の裏方を支える舞台美術の巨匠、南氏が手がけたオペラさながらの舞台で「時の黒猫」のディーバYOU-KOとのコラボレーションで観客を魅了したこともあった。
その間も様々なミュージシャンやアーティストがイーターランチを通り過ぎて行った。知るひとぞ知るSM界の影の仕掛け人がドラムを叩いてたり、下北沢では知らない者はいない、ジミー・ペイジになれなかった男がなぜか、ドラム叩いてたり、もちろんその超絶ギターを披露したこともあった。
そして長い夏休み・・・彼らは何をしていたのか・・・ここに紹介したエピソードはほんの1部である・・・

ユキ
のぼる
やまさん

まだまだワタシの知らない伝説が数多く存在するイーターランチ。
そしてなんと、結成27年来、彼らのファンだったワタシが同じステージに立って、しかもフロントで!たいこ叩かせてもらってます。感激です!信じられないことです。
今年の春のワタシが加入して初めてのステージ、1曲目が始まったとき気づいた!「あっ!ワタシ、このライブ観れないんじゃん!今までずーっとかかさずに観て来たユキの姿を、ノボルを、山さんを客席から観られないなんて!」自分が出演してることも忘れて焦っちゃいました。

イーターフライヤー
そんなイーターランチの伝説のライブを見逃すな!
今年の締めくくりは12月28日(金)吉祥寺曼荼羅で決まり!!
吉祥寺曼荼羅HP http://www.mandala.gr.jp/man1.html
前売り券、JAP・GUILD-UNITで取扱い中。

そして今日の1枚は、ライヴ MCMXCIII/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ベルヴェット

93年6月に、4半世紀ぶりに再結成を果たしたヴェルヴェット・アンダーグラウンドがパリのオランピア劇場で行ったライブ映像を収録したもの。全15曲。 ワタシが敬愛しているモーリン・タッカーがドラムを叩いている姿が観られたことに感動です。イーターランチのルーツでもあり、ベルベッツ結成時のクールな演奏が年月を経て熟成されつつも変わらない魅力がたまらない1枚です。お正月休みにだらだらと過ごすのに最適です。是非観てみてください。

ライブに向けてダイエット中のSammyでした。
サミイ


JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)水 :みんな DE うた |  Sammymixiチェック

2007年12月11日

おはです(*^∀^*)ノ
しーです。

昨日眼科に行ってきました☆目の弱いしーは良くお世話になりますが、今回はいつもと違う理由で行ってきました。

それは「涙目」です。

涙目ってなんだ?

涙目とは流涙症とゆう病気(?)です。


悲しくて泣いているわけではないのですが、軽い刺激で(寒かったり、眩しかったり、風が吹いたりするだけで)涙がポロポロ溢れてしまい、止まらない症状です。

しーは小さい頃からそんだだったので、みんなそんなもんだろうと思っていたら、全くそうではなかった事を数年前に知り、病気で治療や手術が出来ることを日曜日知り、眼科に月曜日に行ってきました☆


ドライアイの人には羨ましいことかも知れませんが、本人にとっては深刻で精神的につらいのです。

冬になると特にひどく、外に出るとずぅ〜っと泣いてます。
泣きながら歩いてる、かわいそうな子です。周りから見ると「あの子フラれたのかなぁ〜?人前なのにマジずっと泣いてるぅ〜。」とか思われてる気がします。


流し続けるしーを見て友達によく「どうしたの?何かあった?」「大丈夫?何で泣いてるの?ヨシヨシ」と無駄に心配をされます。
何もないっス。


どんなにバッチリメイクをしても、一瞬でぐちゃぐちゃです。
どんなウォータープルーフのアイライナーも滲んでパンダさんです。
睫毛もすぐ下がります。

目やにも出来るし、涙で化粧が溶けてコンタクトが汚れます。

目の周りが乾かないので化粧直しも出来ません。

よく、化粧品口コミサイトで調べて吟味して試して比べて買いますが、100点満点のアイライナーには出会えてません。
たまに、ウォータープルーフで絶対落ちないけど、ぬるま湯で簡単オフ☆とゅぅ訳の分からないキャッチコピーを見ますが、ぬるま湯で簡単に落ちるようなものはウォータープルーフではないです!
だれか、クレンジングじゃないと絶対落ちないアイライナー作ってください。
そういえば、学生の頃、別の理由で化粧が濃かった頃使っていた、ボディーペイント用のリキッド(すでにアイライナーではない)が今までで一番でしたが、廃盤になりました。
悲しい。。。


流涙症は先天性のものと、年を取ってからなるものがあるらしく、しーは確実に先天性のものですね。
原因は涙が分泌されて、それが流れていく管があるんですが、その管が細かったり、詰まってたりするため、涙が流れていかないために溢れてしまうらしいです。

で、その管にチューブを通す手術をして広げたり、管を洗浄したりして改善するみたいです。


これだっ!しーはきっとこれなんだぁっ!!
そして、この手術をすれば長年の苦しみから逃れられるんだぁ〜☆\(≧∀≦)/☆ワ〜イ♪ワ〜イ☆

と喜び勇んで眼科へ朝一でGo〜!!≡(ノ´∀`)ノ



診断結果は「正常ですね、このまま様子を見ましょう」…………………………………………………………………………(´д`;)えぇ〜。


治せませんでした(;_⊂)グスン
何で何でぇ〜っ!正常じゃねぇ〜よっ!だから病院来たんだよっ!!


管に問題があるのではなく、もともと体の粘膜などが弱いので、刺激を人より強く感じるので、涙がたっぷりと分泌されてしまうそうです。

だから、ただの泣き虫さんとゆう結果でおわりました。

昨日の出来事ですが、ちょいまだ凹んでます。


そういえば、坊主も走る師走ですね。
周りは忙しそうです。

よくご飯に行く友達は幼稚園のクリスマス会でダメになり、一番の親友は彼氏が出来たので、全く連絡が来ません。。。しーは女友達も大事なしてるんですがね。人それぞれですね。。。

そんな師走ですが、BEMさんとは逆でクリスマス、年末大好きです。
今週末は、年末だからっ!とゆぅ理由で髪をロングにしてきます☆
他にもサロン巡りでモリモリです。

でも、ついにしーも20代後半に突入してしまいます。怖。
すでに、マザーファッカーな仲間からは1日にハピバをしてもらってますが、誕生日30日なので、実感がないです。
でもうれしかったよ、ありがとう(^∀^)ハート

みなさん、素敵な年末を☆
年末生まれの生まれる時から人騒がせなしーでした。


JAP工房cpiblog00579 at 12:22│コメント(0)トラックバック(0)火 :工房な日々 |  しーちゃんmixiチェック

2007年12月10日

「冬のソナタ」以降、
韓国ドラマ、韓国ブームとなり、
一気に収束した感がありますね。
未だ、くすぶっている感はありますが。
そんな中で公開されるのが
整形手術をテーマにした
「カンナさん大成功です!」(12/15公開)。



実は日本のマンガが原作なのですが
テーマがテーマだけに、
韓国での映画化はうなずけます。

大統領さえ二重まぶたの整形をしてしまう
国ですが、やはり、賛否両論あるようで、
整形していないナチュアルビューティーを
売りにデビューした歌手が
実は全身整形をしているという話です。

物語の展開としては、
ブスでデブだけど、歌唱力は抜群のカンナという
ゴーストシンガーの女性が、
表舞台に出るために全身整形をするというものです。

韓国映画はこれまでいろいろと
公開されてきましたが
個人的には「猟奇的な彼女」がベスト。
ラブロマンスは嫌いと言いながら、
「シュリ」とかじゃなくてこの作品なのは
やはり、ラストのどんでん返しの気持ちよさですね。
前回紹介した「ラブ・アクチュアリー」もそうですが。

本作「カンナさん大成功です!」は
どんでん返しというか、やっぱりラストが気持ちいい作品。
主人公のキム・アジュンもかわいいし。

「カンナさん大成功です!」公式サイト

■STAFF
監督:キム・ヨンファ
原作:鈴木由美子
脚本:キム・ヨンファ、ノ・ヘヨン
撮影:パク・ヒョンチョル
照明:イ・ソクファン
音楽:イ・ジェハク

■CAST
カンナ:キム・アジュン
サンジュン:チュ・ジンモ
カンナの父 :イム・ヒョンシク
イ・ゴンハク :イ・ハヌイ
占い師:イ・ウォンジョン
チェ会長:キム・ヨンゴン
チェ社長:ソン・ドンイル
アミ:ソ・ユン
ジョンミン:キム・ヒョンスク
チョルス:パク・フィスン


++++++++++++++++++++++++++++
かつての韓国ブーム。
当時は
まったく興味ない私まで韓国取材しました。




釜山での取材だったのですが、
屋台の仕組みにビックリ。
何か煮込んでいて、
その煮込んでいるスープを飲めるんですが、
煮込んでいる鍋にそのまま
柄杓みたいなの突っ込んで
飲んじゃうんですね。




団体での食事も同じで、
4人のテーブルの中央にスープが1つ。
この1つの椀のスープを4人で回し飲みするんですよ。
知っている者同士でなかったので、
誰も手を付けずにいました。
韓国料理(といっても主に焼肉)は
好きですが、スープの回しのみだけは勘弁!



JAP工房cpiblog00579 at 00:10│コメント(0)トラックバック(0)月 :月曜迷画劇情  |  流石~RYU-SEKI~mixiチェック

2007年12月09日

以前にも紹介した、井の頭公園弁天様の表門『黒門』近くの小料理屋『やなぎ』さん。

今年は『秋刀魚』の当たり年。
ずいぶん早い時期から、おいしい秋刀魚がたくさん見受けられました。
私もいっぱい食べました。
もうさすがに旬も過ぎたかと思っていたこのごろ。『やなぎ』さんで再会。
やなぎのさんま1
やなぎのさんま2

お皿からはみ出す位大きくて、もちろん、とてもおいしかったのです。

時間軸的には戻りますが、その日のお通し。
やなぎのお通し
ごま豆腐、鴨ロース、松茸の吹き寄せ寒天、ねじり蒲鉾、支那竹ともやしの和え物。
お酒は、これも前出の焼酎『五代』のお湯割り。

やなぎの金目

金目のおつくり。これまた絶品。

やなぎの大根

秋刀魚の時期に食べることはあまりない、大根のおでん風含め煮。

おいしい秋刀魚が長い期間食べられるのはうれしいけれど、これは地球温暖化の性なのでしょう。そう思うと喜んでばかりはいられない気がします。
が、ここはひとまず、おいしさを最優先で。。。

最後は牛筋。&白いご飯とお味噌汁。

やなぎの牛筋

「大変おいしゅうございました。」

さて、別の日。
お昼のランチで良く行く、吉祥寺駅地下(正確には京王観光ビル地下)のイタリアンレストラン『スーペルバッコ』。ここは、本場イタリアのレストランのように立ち飲みのバールカウンターが付いていて、そこでは本当に安く気軽にお酒と肴をいただけます。が、実は利用したことが有りません。なぜかというと、駅ビルなので閉店時間がとっても早いから。確か、10時で完全閉店。だから、頑張って早い時間にここに行ける時は、ゆっくりたっぷり椅子席でイタリアンを堪能したいのです。

この日は、SONYのA&Rで、お友達Y氏とごいっしょ。
うっかり、先に食べてしまって、写真があまり有りません。

スーペルバッコのくろむつ
スーペルバッコの白ワイン

くろむつのムニエル。白ワイン。ワインはY氏にお任せだったので、銘柄知りません。もう1本別のワインも頂きました。

その他、前菜の盛り合わせ(なすオイル、あじタマネギ酢漬け、ブロッコリーにんにく炒め、かぼちゃボイル、ラタトゥイユ、他)、ピッツァ・フォルマッジ・ビアンカ、アボカドとカニのサラダ、生ハム、たらのペーストのせ「ふすま」(トウモロコシの粉で作った白いフワフワのもの)、豚ロースト。そして、食後酒にバルバレスコのグラッパ。

結構ヘロヘロになりながら、調子に乗ってバル・ジャップに行ったとこまでの記憶は有ります。。。


さて、これも地球温暖化のせいか、井の頭公園は今、紅葉まっさかり。赤や黄色に染まった木々がとても綺麗ですよ。お花見の時期の公園には、およそ桜の木しか無いのではないかと思えるのだけど。その桜の木は、今、次の春に向けて幹や枝がほんのり桜色になっている。


今週の歌。マリアンヌ・フェイスフルの[Broken English]。


今回も結構古い歌です。マリアンヌ・フェイスフルはとっても若い時にミック・ジャガーと付き合い、キース・リチャードに乗り換え、その後デビッド・ボウイと付き合い、ドラッグで警察沙汰になったり病院に入ったりしても、本物のすごい”おじょうさん”だったらしく、今も普通にいい感じで活動している。割と最近は、去年だったか、映画『マリー・アントワネット』のマリア・テレジア役で出ていた。
あのスタイルといい、あの品良い顔といい、そしてなんと言ってもこのハスキーな声。ものすごい、はまり役だと思った。映画そのものは、あまりピンとこなかったけど。

JAP工房cpiblog00579 at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)夜の太陽 |  YOU-KOmixiチェック

2007年12月08日

今夜から3日間、京都に行く。勿論、aka jamの演奏がメイン。ついでに「拾得」や「磔磔」「ブルーノート」等、老舗ライブハウスへの営業。俺の場合、もうジャズもロックもごっちゃごっちゃ・・・・・・
最初は車を運転して行こうと思ったが、ガソリンが高すぎる!だから、楽器担いで安い深夜バス・・・・・・このシーズンの京都は寒いだろうな・・・・・・

aka jam京都ツアー

VIVA LA MUSICAのロゴ12月9日日曜 19:30〜
aka jam@京都VIVA LA MUSICA
¥1,500(+1オーダー)
w/コズミック海岸、マロン+井上衛+杉浦正周
http://www.h3.dion.ne.jp/~watz/vivala.htm

CLUB METRO ロゴ12月10日月曜 6:30pm open / 7:30pm start
aka jam@京都CLUB METRO
ダッチ祭りRockinjection after seed time.
当日\1,000ドリンク代別途¥500
w/FRYING DUTCHMAN、dub marronics 、AUX、ウルトラビデ、 久多良木 一人、DJ:HUNAB Q、DECO:マユチヨ、GREAT DADDY:吉田ミノル
http://www.metro.ne.jp/

aka jamホームページ
http://www.aka-jam.com

京都といえば、いくつかのバンドで行った思い出がある、ロックの聖地?京都大学西部講堂だが、寒い冬の京都はLIBIDO(リビドー)を思い出す。このバンドは1980年代の、めちゃめちゃ暗いインディーズバンドの代表格で、ツアーの数年後、リーダーの成田君が癌で死亡し、幕を閉じた。
「死んで生まれて」なんていう曲をやってるくらいだし、ツアーの時も成田君は既に、その兆候はあったのに違いないのだが・・・・・・・・悔いが残る。
そういえば、JAPに少し関係ある所では、ベラちゃんという個性的で魅力的なおね〜ちゃんが、良くライブを見に来て、一緒に遊んでいた。今はリビドーは新宿のライブハウス「URGA」のカウンター上の成田君の写真とミクシーのコミュニティーくらいか・・・・
新宿URGA
http://www.urga.net/
リビドーlibido成田弥宇
http://mixi.jp/view_community.pl?id=28140
生き残り?メンバーは、プログレ・バンドやってて、未だにお付き合いがある。
リビドーのドラマーサトカツのバンド「interpose+」ホームページ
http://www.interpose.jp/

ちょめ
ただ、土曜から水曜の朝まで丸四日間の留守中、20年生きてる我家の老婆猫「痴嫁(ちょめ)」が心配。今週の差し入れはシライワ氏からの柿と三鷹にお店が出来たらしい「小饅頭」。
行ってきま〜す!

柿小まんじゅう

JAP工房cpiblog00579 at 00:01│コメント(0)トラックバック(0)銅 :今週の差し入れ |  BEMmixiチェック